カテゴリー別アーカイブ: 未分類

宮崎市の交通事故、むちうちの示談交渉ができる期限は?

示談交渉の進行は当事者同士で決めます。なので、トラブルなどが原因でなかなか交渉を始められない場合があります。これを進めないと請求権には時効があるので早くすすめる必要があります。

損害賠償請求権の時効は事故が起きた日から3年です。後遺障害は症状の固定日より起算します。ただし時効の満了期間前に裁判所に申し立てすれば時効を中断させることもできます。

保険金請求の時効に関しては2年で時効がくるので注意が必要です。保険金請求の時効も保険会社に時効中断承認証をもらうことで中断できます。

 

 

むち打ち・・・て何だろう?

頸椎は第1頸椎から第7頸椎まであり、そこから肩や腕に繋がる太い神経が出ています。

それが交通事故などの強い外力によって歪みが生じると神経が圧迫され、様々な症状がでます。

その症状には首の痛み、運動制限やだるさ、しびれなどが出ます。ひどいときには日常生活で痛みが出たり、知覚障害や筋力低下を伴うこともあります。

と一般には言われていますが・・・・・

でも実は骨のゆがみが原因なんでしょうか?

私は骨ではなく脊髄そのものに傷害を受けたものがむち打ちだと考えています。

脊髄を治療するためには骨を戻したりマッサージをしても効果ありません。

脊髄を支配する経絡の気の流れを正しくするしかないと考えています。

やっぱり遠絡しかないです。

 

事故発生から解決まで

交通事故が発生してから解決するまでには、沢山の手続きを経ないといけません。
軽い物損事故でしたら早期解決も可能です。
ですが、死亡事故や重度の障害が残るような人身事故の場合ですと、解決までに相当の時間がかかるのが一般的です。
不運にも交通事故の当事者になってしまった場合は、被害者、加害者とも、解決するまでの一連の流れを
十分に把握しておかなければなりません。

次のA~Dの内容をしっかり理解すると、1日でも早い解決へと繋がります。

A 事故発生直後・・・事故現場での対応、警察へ通報、保険会社へ報告
B 示談交渉準備・・・交渉相手を特定、必要書類を準備、損害賠償額を算定
C 示談交渉開始・・・示談のきめどき、損害賠償額、支払条件の確定
D 示談成立・・・・・示談内容に応じた「示談書」作成

示談交渉が決裂した場合、交通事故紛争処理機関での相談、民事調停・訴訟など、解決までに長い時間がかかります。

結論 自分の車の任意保険に弁護士特約をつけておくのがいいですよ。年間3000円程度ですから

 

 

交通事故治療は整骨院で!!

毎年全国で100万人を越える交通事故の負傷者がいる現状です。
そのうち約99%が病院で治療を受けております。

この数字を見ても、交通事故で痛めた症状を治療できるのは病院だけという間違った認識がされているのです。
実際、負傷者のほとんどの方が事故で痛めた症状が落ち着かずに困っている方がたくさんおられます。

その中で一つの解決策となるのが整骨院で治療をすることです。
整骨院は柔道整復師という厚生労働省に認可された国家資格であり柔道整復の資格を持ってい人が整骨院の先生です。

整骨院の中でもあなたの症状に合わせてしっかり治療をしてくれる先生もいますが 、的確な治療を行うことができない整骨院もあります。

交通事故の治療を行うときに大切な事があります。

●待ち時間が少ない・・・待ち時間があると症状が悪化します。当院は予約制になっています。また治療時間も30分程度です。本当に必要な治療だけをさせていただきます。

 

●症状にあわせる・・・負傷者はみなさん症状が違います。必ず症状にあわせた治療が必要です。

 

●身体を治療する・・・検査をして異常がないのに痛みが残る。それは交通事故による傷害だけではなく元々の身体のひずみから来ているかもしれません。

 

●遠絡治療・・・痛いところ(局所)に触れずに離れた場所のツボを使って治療します。
そしてあなたが心身共にリラックスして治療をすることができるかどうかです。
そしてあなたの症状に合わせて原因をしっかり追究し、傷みの根本から治療をしっかり行うことができるかがポイントになります。

これからも宮崎市の交通事故でお困りの方が一日でも早く、交通事故前のストレスがないお体に戻るお手伝いが出来たら幸いです。